けむり流夜のおしごと

子持ち主婦だったり、
会社を辞めたかったり、
転職したいけど不安が大きかったり、

そんなあなたにお伝えしたい「夜のおしごと」があります。

といっても

キラキラしたかっこうでオジさんにお酒を注ぐわけではありません。

家にいながら、
または自分のお気に入りの落ち着く場所で、

自分の好きな時間に、
「自分の思い」をこめてあなたの言葉を届ける。

そしてあなた自身も「経済的自立」を目指していける。
そんなお仕事です。

「そんな夢のような仕事があるわけない!!」
そう思われるかもしれません。
でも、少しだけお付き合いいただけたら嬉しいです。

その前に、私の仕事遍歴と
なぜ私が「夜のおしごと」をおすすめしたいのかをお話させてください。

いわゆるアラフォーの私。
バブル崩壊や就職氷河期を経験した、いわゆる「ロストジェネレーション」世代でもあります。

営業職だった父はバブル崩壊の波をモロに受け、転職を繰り返したり、借金が発覚して自己破産に陥ったり。

そんな親を見ていた私は、大学に入るやいなやアルバイト漬けの毎日。
「自分でお金を稼げる」という実感は、それまでにない自信や安心をもたらしてくれました。

就職活動をして入った会社は学習塾。
小学生から高校生まで学習指導をする、いわゆる「先生」業をしていました。
最初の塾はブラック企業で、心身ともにすり減る毎日。

学生時代の友人からは「やさぐれ女」というあだ名までつけられるほど、
働くことにも人生にも疲れきっていました。
2年後に退職。フリーター生活を経て、また学習塾に転職。
そこでは8年ほど正社員で勤めていました。

結婚・妊娠してももちろん仕事は続けており、
産休・育休もいただくことができました。

幸せの絶頂かと思いきや、妊娠中に夫の不倫が発覚。
何度も「離婚」の話し合いになりました。

この時、「離婚」という言葉を自分から出せたのは、なによりも「仕事」があったから。
いざとなれば生活は自分で賄える!
そんな自信が夫に伝わったのか、夫から初めての謝罪がありました。
離婚をしたくない夫は、本気で変わろうと努力し始めたのでした。

育休を経て、学習塾に復帰。
昼間の部門に配属していただいたものの、どうしても学習塾は
「夜のおしごと」
定時が13時~22時、といった職場なので、
大事な会議なども21時過ぎから、というのが日常。

男性中心の会社、というのも
独身の時はかえって働きやすかったんですが(女子の人間関係苦手)
子供を抱えてからは、やりづらい気持ちのほうが大きくなりました。

葛藤が続く中、私が担当していた昼間の部署が閉鎖になることが決定。
学習塾部門の責任者としてのポストを用意してくれました。

傍から見れば、子育て中の身にも関わらず与えてもらった重要なポスト。
嬉しい気持ちもゼロではありませんでしたが、
家庭との両立ができるのかを本気で悩みました。

夫や子供と過ごす時間がますます減ってしまう
これまで以上に時間も体力も奪われる

夫の不倫による心の傷から、まだまだ回復していない頃でもありました。

「今の私が一番大切にしたいものってなんだろう?」

悩んだ結果、私は今までのキャリアを全て手放すことにしました。
つまり、正社員の仕事を辞めて一から出直すことにしたのです。

とはいえ、私に経験があるのは、学習塾という夜のおしごとのみ。
子供がいる身としては、なんとしても昼間の仕事で働きたい。

すぐには結論が出なかったので、まずは昼間の仕事へのスキルを身につけるために、
公共職業訓練に通うことにしました。
雇用保険を受給しながら、学校に通って勉強することができる制度です。

昼の仕事で女性に向いているのはなんといっても「事務」だ!

そう思い、事務職に有利な「簿記」「パソコン」の資格を取ることにしたのです。

3ヶ月の訓練を経て、無事に日商簿記2級やパソコン関連の資格を取ることに成功。
さあ、事務職に転職活動だ・・・!

となるはずが、通っていた学校で「講師」として教えてみないかとお誘いを頂いたのです。

教える、という塾での経験と
新たに学んだ簿記やパソコンの知識が重なったのでした。

昼間の仕事=事務職、と決めつけていましたが、
そうではないところに、自分のキャリアが活かせる場所があったのです。

職業訓練校は昼間のお仕事で、土日も休み。
非常勤講師なので、シフトを相談して勤務日を決定する。

子持ち主婦には嬉しい条件でした。
しかも学習塾と違って、職業訓練校は営業がない。
(受講生は国や都道府県の機関を通して申し込んでくるシステム)

学習塾の時には、いやでもやらねばならない仕事がありました。
それはいわゆる、営業。

会社の利益を上げるために、
新しく作った講座を、必要としていない生徒にも売らなければいけなかったり

会社の宣伝のため
生徒の志望校を変えるように誘導しなければならなかったり。

「生徒のため、保護者のため」以外の仕事はとても憂鬱でした。

でも職業訓練校では、純粋に生徒さんのために授業や面談をすればいい。

昼間の仕事に加え、自分の純粋な思いだけで働けることがとっても幸せでした。
特に好きな仕事が、生徒さんとの「キャリアカウンセリング」
転職についての面談です。
必要に迫られ取った資格で、転職相談を請け負うことができるようになりました。

自分もブラック企業や夫の不倫などで傷ついた経験がありましたが、
20代~70代の生徒さんと話をする中で、
いろんな方の悩みや人生を聞かせていただくのは、私にとってなによりもやりがいに繋がりました。

しかし、この非常勤講師という仕事にもデメリットがあります。

国や東京都からの委託訓練のため、仕事の忙しさに波があること。
(認可された講座だけが開校できるので、年によっても授業数に差がある)
そのため、月々の収入にも波があること。

シフトはあらかじめ相談できるが、急な休みはとりづらいこと。
(生徒さんが来ているのに授業に穴を開けるわけにはいきません)

精神的に幸せな仕事は、経済的自立につながらないのか・・・

失望しつつも、新たに手にした「幸せな仕事」を手放す気にもなれず、
模索を始めました。

「私にとってベストな仕事を見つけるんだ!」
その意気込みだけは強かったです。

かつて、あれほど不可能だと思っていた不倫問題からの回復。
それができたんだから、
ベストな仕事だって絶対に見つかるはず!

そんな漠然とした自信をどこかに感じながら、
「自分にとってベストな働き方ってどんなものだろう??」

ノートに書きながら、それを深めて行きました。

□「お客さんのため」に心を込められること
□子供の急な発熱などでも休めること
□休みもとれて、夕方に保育園にお迎えできる仕事
□通勤時間がかからないこと
□経済的自立を目指せること

・・・そんな風に書きながら、
「現実的ではないよなあ」とも感じていました。

「転職相談」の仕事の中で、多種多様な社会人経験を伺います。
お金を稼ぐというのは誰しも簡単なことではないですが、
特に子供を持つ女性には、まだまだ働きにくいことが多い社会であるのが現実です。

ブラック企業で心身が疲弊したり、
パワハラ・セクハラでトラウマになったり、
働けど働けど、給料は安いままで生活が苦しかったり。

社会の中で辛い思いをしたかたのお話を聞けば聞くほど
「働くことの大変さ」を痛感することが増えました。

一方で自分の子供たちの世代を思ったときに葛藤も生まれたのです。
「この子達に、働くことの楽しさや仕事の幸せを伝えられるようになるために、
私に出来ることはないだろうか・・・」

大人たちが疲弊し、仕事は苦しいものだと決めつけていたら
子供世代も幸せになれるはずがないのです。

そんな迷いの中、ついに見つけた、理想の働き方。
それが私のおすすめしたい「夜のおしごと」なのです。

何をするか・・・?

その答えは「ブログ」です。

ブログなら、PCさえあれば家でできること。通勤時間もいらない。
子どものお迎えを待っていられるし、休憩も兼ねて家事もできる。

外で仕事をしていると、夜に帰ってきたら
「まずは散らかった部屋・キッチンのかたづけから」
というワーキングママも多いと思います(私がそうです!)

それが終わったら、夕飯、お風呂、翌日の準備に寝かしつけ・・・
いつも時間に追われ、家の中は片付かない。
子どもにゆっくり向き合う時間もない。
心にも空間にも「余裕」のない日々。

でも「おうち」が仕事場になれば、そんなストレスも手放せるのです。

子供が熱を出したら、心置きなくそばにいてあげられるし、
子供が寝静まってから仕事をすればいい。
(※私はそのスタイルなので「夜のおしごと」と呼んでいます。
もちろん、早朝のお仕事でもたそがれ時のお仕事でも、ライフスタイルに合った時間を選んで作業すればいいだけ!)

時間も場所も自由な働き方。
その上、経済的に自立できるとしたら、こんなに素敵な働き方はありません。

今はこの「夜のおしごと(=ブログ)」を発展させることが家族・子供に次ぐ最大の生きがいであり、ライフワークになっている私です。

ところで「ブログ」というお仕事に至るまでの私の過程がどんなものだったか。
もう少しお話させてください。

先ほど書いたような、フルタイムのワーキングママ生活に疑問をいだき始めた私は
「時間も場所も自由で、子育てを犠牲にしないで済む働き方がしたい!」
と心から願うようになりました。

とはいえ、そんな働き方を実践している人は周りにはいません。
なにから始めればいいかもわかりません。
なにから動けばいいのかもわからない。

なのでまず、私がやったこと。それは・・・

願いを紙に書き出す!!

引き寄せの法則とか、
思考は現実化するとか言われますよね。

私自身、今までにも紙に書いた夢がかなった!という経験はいくつもあったので、
とりあえず、
「時間も場所も自由で、子育ても楽しめる働き方をする!」
ノートに書きました。

そしてその頃、愛読していたブロガーさんがいました。
いくつか私のブログに記事も書いていますが、
藤本さきこさんや、HAPPYちゃん。

お二人とも
「自分の好きなこと、ワクワクすることに従っていれば必ず成功する」
という信念のもとに、たくさんの経験談を書かれていました。

「こうしなければだめだ!」
そんな説教臭さのない記事に好感をいだき、何かヒントがあるのではないか、と
よくブログを読んでいました。

ワクワクすること
自分が好きなこと、に従う・・・

そうすれば、さきこさんみたいな綺麗で子供もいながら月商4桁を稼げるようになるのかな??
HAPPYちゃんみたいに、何百人のお客さんを前にセミナーとかできるようになるのかな??

そんなキラキラした未来に憧れるようになりました。

とはいえ、ブログを離れて現実に立ち戻った時に
「じゃあ、今自分は何をすればいいんだろう???」

一向に見えてきませんでした。
これと言って自分が好きなこと、というのも思いつかないし、
ワクワクに従うからと言って、仕事をスパッと辞めるほどの決断はできない。

そのうちにさきこさんもHAPPYちゃんも数十万円単位のセミナーを開催するようになり、ファンさんもどんどん増え、ブログには毎日たくさんのキラキラした写真が掲載されるようになりました。

正直に言うと、その頃から彼女たちに違和感を感じ始めたのです。
もっと幸せに、夢を叶えたければセミナーを受けた方がいいのかもしれない。
信者みたいな受講生が「このセミナーで人生が変わった!!!!」と発信していました。

でも・・・、なんだかセミナーに行く気にはなれませんでした。
高額というのもありますが、
セミナーに行って、私が何をつかめるのかが見えなかったからです。

信者?のような方たちが、「さきこ認定講師」としてさきこさんの教えを伝えるセミナーを開催するようになっていました。

そもそも体育会系のような集団のノリが苦手な私。
キラキラした女子の会に行くだけでもストレスですし、
その結果、学んだことを販売する仕事、というのも違和感が出てきました。
「さきこさんありき」の稼ぎ方では、いつまでたっても依存せざるを得ないんじゃないか。
そんな疑問が生まれたのです。

「やっぱりそう甘い世界はないか・・・」
諦めて現実に戻ろうとしたとき、ふとしたことからとあるママブロガーYさんのサイトに行き着きました。

その方はすでにブログやポイントサイト等で自宅にいながらネットビジネスをし、小さなお子さんを育てながらも会社員並みの給料を自力で稼いでいる、という方でした。
しかも本名や顔写真など一切のプライベートを公開しない、というポリシー。
お客さんのためになる情報だけを思いを込めて伝える!
そんな強い信念が感じられるブログでした。

さきこさんたちと同じ、ブログという手段であるにもかかわらず
非常に堅実で、ギラついたところがない雰囲気にとても興味をもちました。
そして彼女の理念は、私が考えていたのと全く同じだったのです!

□子供や家庭を第一優先できる働き方
□ママだからこそ仕事の楽しさ知り、子供世代に伝える
□家族にも堂々と話せる、誇りのある仕事をする
□自分がやりたくないこと・嫌だと思うことはしない

心から共感するとともに、そんな想いの方がすでに「経済的自立」という結果も出している・・・!!

ネット、という画面上での出会いでしたが、その人の「心」は伝わって来るものです。
Yさんなら信じられる、私の真の「自立」につながる仕事ができる。
直観で確信した私は、Yさん経由でYさんが使っていた情報の商材を申込みました。

それは「未来型トレンドマーケティング」という教材でした。
Yさんのサポートがある、というのも購入の決め手でした。

長年教育の現場にいる私ですが、テキストだけで上達できる人はほとんどいません。
伸びるために必要なのは「自分に向けて」アドバイスをくれたり、相談に乗ってくれたりする存在。
Yさんなら信じられる・・・!

私の直観に間違いはなく、Yさんは予想以上に親切で優しく丁寧な方でした。
1からのブログ構築には不安しかありませんでしたが、いつも優しく励まして、寄り添ってくれました。

そしてYさんを通して、教材の産みの親である竹川先生にも出会いました。
Yさんが言うとおり「仙人」というあだ名がぴったりの、山篭りがライフワークという先生。

「今のままのけむりさんが素敵ですよ」
「けむりさんの言葉を必要としているお客さんに届けましょう」

会社員時代にはありえないような、まるごと自分を受け止めてくれるお言葉。
竹川先生の価値観は、「和」
そこに共感して集まった方たちなので、周りにいる仲間も優しく温かい人たちばかり。

ありのままの自分の中にある宝に気づき、そこを磨きながら、必要としているお客さんにネットを通して言葉を届けていくー

竹川先生(未来型)の教材では
「あなたの好きなこと、やりたいことをブログで発信しましょう」
と書かれていました。

取り立てて好きなことなんて思いつかなかった私ですが、
書きたいこと、はありました。
それは夫の不倫で傷ついた経験。

未来なんて全く描けなかった私が、
良心的なカウンセラーさんに出会ったおかげで心がすっかり回復できました。
ここに来るまでに得た、たくさんの学び・・・
さえこさんはもうカウンセリングをしていないので、私が伝えなければせっかくの知恵は
今必要としている人には届かない。

今でも配偶者の不倫や、不倫ではなくても夫婦問題で傷ついたりストレスを抱えたりしている人はたくさんいるはず。
私が学んだことを稚拙ながらも伝えていきたい・・・そんな小さな思いはありました。

好きなこと、得意なこと、キラキラした分野は何もない私ですが、
不倫や、ブラック企業など、傷ついている人の気持ちに寄り添うことがしたい。
そこには自分の思いとか、大袈裟にいえば魂を込められる、という確信がありました。

Yさんや竹川先生と信頼関係ができてから思い切ってそんな自分を告白したところ、
全面的に受け入れてもらい、応援をしてくださいました。
「けむりさんの言葉を必要としている人は必ずいますから、届けましょう!」と。

ビジネスですから、学ぶべきこともたくさんありますが、
会社員時代とは違って、すべて「自分の望む未来」のために学ぶこと。

会社員のことは考えもしなかったようなマーケティングやライティングなどを学べる機会も多く、楽しみながら一歩ずつ成長している自分を感じています。

そして何より、一番大切なことは、「お客さんへの思い」

収益以上に、心から相手のためになる仕事がしたい、と思っていた私。
しかもインターネットを使うことで、働く時間も場所も自由にコントロールできる。

私の場合は子供が寝静まった夜に作業することが多いですが、
今まで経験したことのない、幸せな「夜のおしごと」です。

未来型に出会ってからは、より、自分と向き合う時間が増えました。
さらに自分では気づいていない自分の面というのもたくさんあります。
竹川先生や未来型のメンバーとの交流を通じて、少しずつ自分の中に眠っていた思いに気づいていきました。

今一番お伝えしていきたいことは「自立」する大切さ
女性であっても、子持ち主婦であっても、自立していることが大切であること。
自立とは、経済的なことだけでなく、心や体も自分らしくあること。
自立しているからこそ、周りの人達と良い関係を築けるのだということ。

不倫問題の傷つき経験からこそ痛感したことです。
そしてその「自立」をお伝えすることが一番のやりがいであり、生きがい。
そしてそれを読んだ読者の方から、共感や感謝のメッセージを頂いたことは
なによりも自分の自信になっています。

ありのままの自分に気づき、
それを外の世界に発信し、
その上で、私を必要としてくれるお客さんとであっていく。

それが自分自身の収益にもつながり、経済的自立を叶えていく。

心も体も、お金の自立にもつながるおしごと、
それがブログを作ることなのです。

ちなみに私にブログを教えてくれたYさんは、今はサポートのお仕事は辞め、ご自身のビジネスに専念されています(人気ブログが書籍化されました~祝!!)

Yさんが道を示してくれたからこそ、私が未来型ネットビジネスという、自分だけの大好きな仕事に出会うことができました。

今度は私が、必要としている方にあなたの魅力とブログで自立(経済的にも精神的にも!)する方法をお伝えしていきます!!

あなたは今、仕事をしていますか?
その仕事は、「心」をこめて幸せな気持ちでできているものですか?
あなたの個性や能力が生かされていますか?

時間に追われたり、身体的に無理したりしていませんか?
お金がない、稼げないことによって望ましくない現実にため息ばかりついていませんか?

少しでも思い当たるところがあれば、まずはブログを作るという第一歩を踏み出してみませんか?
今の仕事をしながら、でも
子育てや家事をしながら、でも

スキマ時間を活用して始めて行くことができます。

自分にブログを書く事なんてない・・・!
そう思われるかもしれません。
私もはじめはそうでしたから。

でも、大丈夫。
必ずあなたの中には宝があります。
あなたの言葉を待っている人も必ずいます。

ひとりで頑張る必要はありませんよ。私けむりが一緒にお供いたします!

◆けむりによる、根暗のまま成功する自立法講座◆

□セミナー動画をプレゼント
(昨秋に開催した、けむり本人による動画をプレゼント。
アドラー心理学を使って悩みを解決するためのワークショップ形式の動画です)

□購入者限定メルマガ
私が悩んだビフォーアフターを赤裸々にご紹介しながら、悩みを解決できたヒントを惜しみなくお伝えします!

□メールサポート
分かりづらかったところ、不安な点等はいつでもメールでご相談くださいね。

□あなたのお悩みから、あなただけの資産を見つけるおてつだい(メール相談またはスカイプ相談)

初回はメールまたはスカイプ(ZOOM)で、「一番解決したい悩み」を伺いながら、あなたに眠る魅力を一緒に発見させてください!

□独自のPDF教材をプレゼント
けむりが悩んだ経験や、今までの教育・転職指導経験をもとに、随時教材を更新し、すべてお届けいたします。
(レポート例:忙しい子育てママのための時短術、女性に人気の職業「事務」のホンネ、わかりやすい教育資金・老後の資金の現実・・・など)

けむりによる、あなたの強み発見&ブログで自立講座にご参加いただくには・・・

私の先生が監修している企画「未来型ドリーム」にご参加くださいませ!
「未来型ドリーム」とは・・・

「好きなことを仕事にして自立する」ためのノウハウが凝縮された教科書です。
けむりもこの教材だけで勉強し、ブログを立ち上げて今に至ります。

未来型ドリームのお申し込みはこちら
未来型ドリーム+未来型トレンドマーケティング戦略プログラム

教材の代金以外は一切かかりません。教材代金の中にけむりによる全サポートが含まれます。
(お申込みされたときは、必ずけむりまでメッセージをくださいませ。

メールを頂かないと、けむりサポートが受けられなくなることもありますので、
お手数ですがよろしくお願い致します)

気になる点、ご質問・疑問点等はお気軽にメッセージをくださいね。

スポンサーリンク



5mail

スポンサーリンク
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする