不倫・浮気問題にカウンセラーは必要?カウンセラー選びには注意点も。

ご主人の不倫に悩んでいるGさんと、やり取りする中で
一つご質問をいただきました。

不倫カウンセラーさんとかに高いお金を払って知恵を貰った方がいいのか、それとも自分で解決すべき人生の課題なのかとか考えたり・・。

予想さえしていなかった配偶者の不倫。
時に人生を覆されるほどのショックを、目の前に突きつけられますよね。

苦しい胸の内を吐き出し、話せる場所・・・

そのためには、「安全に話せる第三者」=カウンセリングの利用は必要だと私は考えます。

ただ、お金をかければいいってもんでもないです。
せっかくお金も時間もかけたのに、なんの効果も得られない・・・

どころか、より深く傷ついて迷走してしまうことにもなりかねないんですよ。

実際このGさんも、良妻賢母系カウンセラーさんに相談したときに
「あなたのここがダメ」
「ご主人を悪く行ってはダメ」
などとアドバイスをもらい、その後悪夢にうなされたと言っていました・・・涙

(※私から見たら、問題の多くはご主人のほうにあります)

私の仲間も全く同じ経験をしていまして。
カウンセラーさんの「あなたはニコニコして居心地のいい家庭を作ればいい。
2年待ちなさい。ご主人は家庭に戻ってくるから」

という言葉を信じて我慢に我慢を重ねたにも関わらず、
ご主人は戻ってくるどころか、ますます不倫の泥沼にはまっていきました。

(ちなみにこの時のカウンセラーさんは、今もテレビに出るような
結婚・離婚専門の女性カウンセラーさんです。
1時間数万円の相談料がかかります)

では、カウンセラーさんを選ぶときにどんなことに気をつければいいんでしょうか。

けむり的考察をまとめます。

スポンサーリンク
広告1

1・自分が好きと思える人を選ぶ

心の回復に一番必要なのは「正しい知識」ではないんです。
というか、知識だけで人生を変えられるなら、図書館や本屋さんに行って
問題解決の本を読みあさるとか、ネットで探すとか、それで十分なんですよ。

私を含めて多くの人がそれでは何も解決しない。
なぜなら、知識は行動に落とし込めて初めて人生を変えるものだから。

そこ(行動の変化)を大事にしているカウンセラーさんを選んで欲しいです。

でもまずは、難しいことよりも
「この人いいなー」「好きだなー」
「この人みたいになりたいなー」

そう思える人を選ぶのが早い!(行動を真似するところから始められる)

間違っても
「テレビに出ていて有名だから」
といった、権威やネームバリューという、外側のもので判断しないように。

2・その人の「信念」を見る。

不倫が発覚して辛い時って、どうしても行動にフォーカスしがち。
「離婚・別居したい(したくない)」
「結婚をどうしても続けたい、再構築したい」
など。

その願いは大事なものですが、
ただ一方で「それが自分の本当の願いなのか」どうかは、
混乱のさなかでは本当には分かっていないことも知っておいてほしい。

大きなショックの時って、正確な判断なんてできないし、
そもそも、自分の本当ののぞみが何かなんて、分かっていない人のほうが多いから。

今は、「本当はどうしたいのかわからない」
でいいと思うんですよ。

でも、「こういう状態になれたらいいな」
というあり方の理想はあるといい。

ずっと怒りを持ち続けて戦いたいのか?

平穏な日常を手に入れたいのか?

私がお世話になったカウンセラーさんは、

ゆるし・平穏・愛・学び

そんなキーワードをいつも使っていました。

その信念に共感し、憧れ、信頼を感じたからこそ、
私はカウンセリングにとても救われたんですね。

今、結婚を継続している(という行動)はもはやおまけに過ぎないです(^_^;)

思いつくままに書いてしまいましたが、
私自身もそんなカウンセラーに近づいていけるよう、学びの日々の最近でした。

スポンサーリンク
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1