結婚を迷う時も課題の分離を大事にしてください~私の失敗談からの学び~

前記事課題の分離と共同の課題の違い。嘘をついた彼氏を信じたいです【ご相談】の続きです。

Rさんのご質問で私が一番気になった点は

「いつか結婚して家庭を持ちたい」という、今の願望に対して
「それが『今の彼と』必ず!」という意志は感じられなかったことです。

もちろん、今は「彼をどうすれば信頼できるか」という葛藤のさなかだと思いますので、
「彼と結婚」するかを決意する必要は全くありません。
(むしろ迷って当然です)

で、あればこそ

「結婚して家庭を持ちたい」というご自身の希望と、
「今の彼をもう一度信頼したい」という今の悩みは、

ここも切り離して考えることを強くおすすめしたいです。

前者については、なぜ自分は結婚したいのか。どんな結婚が、
どんな家庭が理想か。
ここを突き詰めていく。

後者については、前記事にも書いたように、課題の分離と共同の課題を意識してコミュニケーションを深めていく。

ここは、切り離した視点でそれぞれを深めていくことがとても大事になってきます。

偉そうなことを言っていますが、これは私自身の深い後悔と反省からのおせっかいな助言です。

スポンサーリンク

私がRさんと同じ年の頃、私はまさにここを混同していました。
「結婚したい」自分と、「彼を信じていいのか」という不安を切り離すことができないままの決断でした。

どちらも自分の中に同時にある感情であり、切り離すという発想さえなかった、
そもそも「自分はどうしたいのか」を自分でもわかっていなかったように思います。

私は30歳を目前に、長く付き合った彼氏と別れました。
30歳くらいでそのまま結婚するだろうと漠然と考えていた私は、心のスペースがすっぽり空いてしまったことに、大きな不安を感じていました。

「孫の顔が早く見たい」という親、
冗談交じりに「けむりちゃんは仕事に生きるタイプだよね」とからかう上司、
花嫁衣裳を来て微笑む、ブライダル会社の広告、
友人からくる、家族の写真入りの年賀状。

その一つ一つが、私の中の不安と焦りを刺激しました。

見たくない感情をごまかすように、当時流行りだしたキーワード「婚活」を実践して今の夫と出会いました。

もちろん、まさかこの時点で彼に不倫(当時なら浮気?)相手が他にいるなんてことは考えもしませんでしたが、
それを知らなかったのは差し置いても、
自分の中にはどこかに「彼との結婚」を迷う気持ちがあったのを覚えています。

予想外に押しが強い夫のペースに巻き込まれて、婚約・結婚の話は進んでいき、
自分の親も喜んでいました。

私は自分の中の「小さな違和感」にフタをして、
30歳だから、とか
親が喜ぶから、とか
これで会社の上司にからかわれなくて済む、とか
今結婚しなければもう結婚できないかもしれないし、とか
嫌なら離婚したって言い訳だしね、とか

数々の正当化が頭の中に浮かんでいたのでした。
このことが、後の自分を最も苦しめる事になるとは思ってもいなかったですが。

夫の不倫が発覚し、その後も嘘が分かるたびに私は夫を責めました。
「婚姻」という制度の中で、明らかに非があるのは夫の方です。
カウンセラーさんにも、出会った仲間たちにも
「けむりちゃんは何も悪くないです」といつも励まされました。

けれど、私はいつも夫を責めるのと同じ強さで自分のことを責めていた。

「どうして私は、この人と結婚したのだろう」、と。

辛く苦しい経験の中で、私がはっきりと気づいたのは、

他人を許すことよりも、自分を許すことのほうがよっぽど難しい、ということでした。

なぜ私はあの時、自分の違和感に見て見ぬふりをしたのだろう。

なぜ自分の気持ちを、もっと正直に伝えなかったのだろう。
それで離れていく人なら、それが最善の道だったはずなのに。
焦る必要なんてまったくなかったのに。

夫に向けるのと同じだけの怒りが、いつも自分自身に対しても渦巻いていたように思います。

そしてそんな後悔に苦しむのは、私だけではないということも気づいてきました。

夫婦のご相談を受けていて、明らかに相手側に非があるケースもあります。

不倫や浮気をした、
ギャンブルに依存している、
妻に黙って仕事をすぐやめてしまう、
家族への暴言・・・などなど。

最初は相手の悪口、批判ばかりが言葉になって出てくるのですが、
話を聞き続けると、多くの人が

「なぜ私はこの人と結婚をしたのだろう」と、実は心の底でものすごく自分を責めている。

ゆるし、とは、まず自分を許すことから始めるしかないのかもしれない。
今はそう思う。

もちろん、どんなに信頼しあっていても結婚には山あり谷あり。
いい時ばかりでは決してないです。

何が正解か?は私にはわからないし、
そもそも正解なんてないと思ってます。

親のために結婚してもいいし、
世間体のためでもいいし、
年齢が理由でも、
同期の◎◎より早く結婚してやるぞ、でもいい。

大事なのは、「自分の心と頭で決めること」

それに尽きるのではないだろうか。

「あの時、私はあれだけ自分と向き合って決めた選択なんだから。」

正解があるとすれば、未来のどこかの時点で、
そう胸を張れることなんじゃないかな、と。

結婚については流されて、自分と向き合うことなく進んできた私でしたが、
八方塞がりになってはじめて、本気で自分と向き合いました。

だから、今の選択である「まだ離婚はしない」という選択も、
誰に何を言われても(「なんであんな夫と別れないの?と驚かれることは今もたまにある)今は胸を張れます。

将来、夫との離婚を選択することになっても、
離婚しないままの生活を選んでも、

どちらも、きっと胸を張っているはず。

そう思うと、本当に正解はなくて
必要な出来事は必要なタイミングでやってくるのかな、という気もしてます。

というと、この私のアドバイス(というか失敗談)も意味のないように思えてくるのですが(^_^;)

でも、そう気づくまでに私は随分と学びを重ねました。
時間も、お金も、労力も注ぎ込みました。

Rさんはまだ20代後半、30代はこれからです。
今の私から見たら、そもそも年齢も気になりません。
(私は40代ですが、今になって幸せな結婚や再婚をしている年上の先輩もいますよ(´∀`))

結婚して家庭を作るのは、楽しいこともたくさんたくさん、あります。

「彼を信頼できるのか」という悩みではなく、
「彼とどんな結婚や家庭を築こうか」という悩みに、
時間もお金も労力も使っていただきたいなあ、と願う気持ちです。

そのためには、今はたくさん悩んでくださいね。
大丈夫、と思える日は必ずきますから、
自分の心の声を、まずはRさんがしっかり受け止めてあげてください。

辛くなったらけむりにまたメッセージをくださいね!

Rさんの平穏と、温かな未来を心から祈っています!!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1