子供の問題行動への対処法4ポイント・見える化シートも無料ダウンロードできます☆

アドラー心理学&子育てネタです。
(ページの後方に無料ダウンロード情報も載せましたのでぜひ!)

昨日は月1のアドラー心理学勉強会でした!

私からの近況報告タイム(そういう場があるのです)はもちろん、
やさぐれ次女の話
参照(子供の登園拒否から考える。夜明け前が一番暗い、人生も相場も同じなり。

みんなママさんなのと、アドラーを勉強している方たちなので、
安心して話を聞いてもらうことができました。

こういう場を持っていて何より良かったな~と思うのは

見当違いなアドバイスをされなくて済むこと!

たとえば・・・戦後・昭和な価値観の人に話したらさ、
「そんなことでは親失格!子供にナメられてるぞ!威厳を持つのだ、威厳を!!」
とか言われそうじゃあないですか。

自分の目指す方向とは違う
しかし一見全うそうな意見は、聞いてると疲れちゃうものw

話が逸れましたが、
勉強会には子供が大きいママさんたちもいたので、次女の暴君っぷりも
おもしろ可愛かったよう。

「けむりちゃんは大変だろうけど、聞いてると可愛くて笑っちゃう~♡」

そう言われて、私まで笑えてきました。
暴君次女もうすぐ4歳。
昨日もなぜかどしゃ降りの中、
傘を放り出して30分程うずくまって動きませんでしたけどねw
原因不明・・・(しいて言えば空腹。だが、何ともできず)

また、昨日の勉強会テーマもズバリ心に響くものでした。
それは

子供の不適切な行動にどう対処するか

というもの。

アドラー流子育ての対処ポイント4つをご紹介します!

スポンサーリンク
広告1

①不適切な行動の流れを観察しよう

目先の問題だけでなく、
どんな状況の時にその行動をするのか?
今まで私はどんな対応をしてきたか?
私の対応の効果はどうだったか?

それを冷静に(紙に書いてみるなどして)振り返って見ること

②不適切な行動に注目を与えない

いわゆる「悪い」行動に注目してしまうと、その行動は続くのだと考える。
だからこそ、「不適切な行動には一切注目しない」ことが大切。

(そのためには、親自身がマイナスの感情をもたない・減らすべく努力が大切)
↑ここが難しいんだけどね~

③適切な行動をしたとき、正の注目を与える

悪い行動を叱る=「負」の注目であるならば、
良い行動を指摘する=「正」の注目

子供がしている適切な行動には、些細なことでも正の注目を与えるのがよい。

④同じ状況での、より適切な行動の仕方を一緒に考える

子供と話し合って、不適切な行動の代わりに
「適切な行動」ができないか、どんな方法があるかを話し合う。

自分が提案する前に、まずは子供の考えをじっくり聞くことが何より大切。
(自分の望む方にコントロールしようとはしないこと)

以上4ポイントです。

ちょっと硬い表現も多かったですが、
良い・悪い、というのはあくまでそれぞれの主観が入るので、
アドラーでは適切・不適切という表現をしています)

子供の問題行動ではなく、
些細なことでも「よくできている」行動に注目しましょう!
と私は解釈しました。

確かに・・・

最近の次女は登園拒否・帰ってからの暴君っぷりなどなどありますが、
もちろん良いところもたくさんあります。

姉妹の中でも一番がんばりやさんで集中力・好奇心共に高い。
優しい面もたくさんあります。

そんな「適切(≒良い)」部分にこそ、親は注目すべきなのだったなあ~

と、反省するとともに
ふと、はなまる学習会の高濱先生のエピソードを思い出しました。

宿題をしない子供に対して、高濱先生おすすめの方法。

それは
「宿題ができたときだけ」カレンダーに花丸をつける。(シールなどでも◎)
できなかったときは、何もしない。
(×は書かない)

こんなシンプルな方法なのですが、
「できたとき=花まる」という、目に見える実績が貯まることから、
宿題を自主的にやる生徒さんが増えたそうな。

アドラーとも通じる
「適切な行動(だけ)注目する」やり方だよなあ、と思ったのです。

そこで、けむりもやりましたよー!

うちには大きいカレンダーがないのと、
どうせなら頑張る項目を増やそうと欲をはり、エクセルでシートを手作り。

頑張る項目を3つ決め(あ、これは私が勝手に決めてしまいましたが)
出来たらシールを貼る、
できなければ空欄のままにする。

というもの。

次女の頑張り項目は

1 じぶんで着替え
2 朝の幼稚園バスに乗る
3 帰りも幼稚園バスで帰る(親お迎えにしない)

にしてみました。

ちなみに1は余裕でクリア出来る内容です(毎朝自分で着替えてるから)

でも、一つもシールを貼れない日があるとつまらないので、
基準はユルめでいいと思ってます。

あと、欲張っても3つまでかな、頑張る項目は。
多いとぶれてしまいますからね~
(1つだけでカレンダーに書き込み方式でももちろん◎です)

シール貼りが大好きな次女。
喜々として貼りながら「明日はバスで行く~」と行ってました。
(実際に、今日は行けました)

って、やってると案の定

長女&三女:「わたしもやるーーーーー!!!」

なので、作りました。

長女版
長女は小3なので話をしながら、頑張る項目を一緒に決めました。

長女の頑張ることは、
1 宿題(言われなくても自分でやるタイプなので楽々クリアです)
2 スマイルゼミ(通信教材。これもほとんど、楽々クリア)
3 お手伝い(これは気分にムラがあるので、ぜひ盛り上げたいところ!)

三女、2歳版
保育園でトイレトレーニングを始めたので、そこに注目。

頑張ることは
1 パンツで過ごす(たいてい保育園ではパンツなので、楽々クリア)
2 トイレに行く(頑張って欲しいところ)
3 髪の毛を洗う(最近、お風呂イヤイヤ炸裂なので困ってます)

こちらも次女と同じ私が決めた項目ですが、
この夜は、自分から「髪の毛洗う~」とゴシゴシしてましたよ!
(しっかり髪の毛を洗わせるなんて、いつぶりだろうww)

と、我ながらなかなかいいアイディアだった気が・・・!

改めて見ると、かなりゆるい項目もありますが(すでにできている内容)
だからこそ、当たり前になりがちな、出来ている部分(適切な行動)に
親自身も注目するきっかけになるのかな、と思いました。

とはいえ昨日始めたばかりなので、
また続けてみて効果をご報告します!
(何事も大事なのは継続なり・・・)

画像な通りシンプルなシートですが、
もしご希望の方はダウンロードしてお使い下さいませ!
PDFに加工したものをリンクしておきますね☆

書き込んで使ってくださいね。

できたねシート(見本版)

できたねシート(漢字版)

できたねシート(ひらがな版)



5mail

スポンサーリンク
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1