つまらなくて役に立たず、嫌われる勇気を持つのだ~!と誓う春

春です!
今日が入学式という学校も多いかもしれませんね。

私は2週間ぶりのブログ更新になってしまいました。

非常につまらない内容ですが、この「冬眠期間」に私が悩んでいた3つの事をつぶやきます。

スポンサーリンク
広告1

①自分のブログはつまらないのではないか問題

21日間チャレンジというチャンスを機に、ブログの連続更新をしていました。
仲間と励まし合ってひとつの事を継続する、という経験は
気持ちとしても記録としても(記事更新)変化を感じる貴重な経験だったのです。

が、、、

我が夫の

「根暗とか言いつつ前向きな記事ばっかり」という一言が妙にひっかかりまして。

あれ、あたし何書きたいんだっけ?
誰の何の役に立ちたいんだっけ?
そもそも、なにしたいんだったっけ?

と自問自答ワープに入りました。

結論は一つ。
「根暗モードの時はなかなか記事が書けない自分」

だって、底なしに暗いし毒ばっかだし。
人様に聴かせるわけにはいかないっしょ。

そんなもうひとりの自分と対話しておりました。

②嫌われる勇気がない問題

そんな中、開かれた交流会(→)

師匠に聞かれたのが
「本音を書こうとした時に、何かブレーキになるものがあるんですか?」

「・・・・」

はい、少し考えた後に出てきた答え。

それは

「恐れ」

◎批判されたらどうしよう
◎つまらないって思われたらどうしよう
◎嫌われたらどうしよう
◎読んだのに何の役にも立たなかったって思われたらどうしよう

有名ブログでもなんでもないんですけどね。
自意識過剰だよね。

でも、そんな「恐れ」が自分の中にあることを実感したのでした。

③自分と向き合えない問題

グダグダ書きましたが、冬眠の一番の理由は

こどもの春休み&転園(慣らし保育からの再スタート)
からの

「余裕」不足。

時間不足・・・といいたいところですが、
本気になれば時間なんて多少なりとも作れるんですよね。

分かってはいるものの、子どもといる時間・子供のためにすべきこと

それが積み重なると、私の場合はすごくストレスになってくる。

なんでかな?と考えてみたのですが、
子供がうんぬんというよりは

「自分と向き合う時間が少ない」ことがストレスなんだと思う。

ブログを書くということは、自分と向き合うということ。
そこには多かれ少なかれ、

「余裕」

が必要なのだなあ、、、というのがここ最近痛感しています。

ちょうど今朝見たラインで、ナリ心理学のナリくんという方が言っていたことが興味深かった。

重要:自分と向き合うことについて

自分と向き合うってのは、

カフェで、ノートを開いて、スマホに一切触れないでいる時間のみ。

自分と
向き合ってるってことにします。笑。

それ以外は、
なし!(*・ω・)ノ笑。

ナリ心理学というものを提唱しているナリくん。
不思議キャラですが、面白いし、良い事言ってくれるんですよ~

今回の、
「カフェでノートを開いてスマホを見ない」時間のみが
自分と向き合う時間。

的を射ているなーー!

そんな時間を取るところから、再スタートしたいと思います。

そしてつまらない自分も受け入れる、嫌われても本音をいう

そんなチャレンジも、この春していきますー!

(いや、単に子供の春休みも終わり
やっと心に余裕が出来てきたのが一番の理由ですがw)

☆具体的には、もう一つ「裏ブログ」の作成を試みています。
整い次第メルマガ読者様限定でお伝えさせていただきますので
よろしくお願いします~!

拙いつぶやきをお読み下さり、ありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1