身体の自立とは、自分の○○と向き合う勇気です

前記事で、自立に必要な要素は3つとお伝えしました。
女性の幸せな自立に必要な3つの要素とは。経済的自立だけでは足りないもの

このうち、身体の自立ってわかりづらい言葉かもしれません。
経済的自立は一番ポピュラーな分野だし、精神的な心の自立も最近はよく話題になるところです。

私のブログも「心」のあり方をテーマにしたものが多いです。

長年私自身の興味が深い分野が「心」のことだったので、どうしても精神的な話に興味が行きがちなんです。

ですが、不倫問題を経験をして感じたこと・・・

心と身体は深くつながっているんだ、という事実。

風邪で寝込んでしまったら、心も鬱々としてしまう・・・
そんな経験は誰にもあると思います。

心は目に見えないため些細な変化をとらえにくいですが、身体の変化は目に見やすい。
アプローチも具体的。

不倫問題で傷ついた仲間たち。
感情の荒波が収まって来ると同時に「身体」へのアプローチを始める方が多かったです。

スポンサーリンク

散歩やランニングを日課にする
ヨガやキックボクシングを習い始める
瞑想を取り入れる・・・などなど。

そして身体が引き締まってきたり、肩こりが楽になったり。
心よりも変化が見えやすいので、それがまた自信につながります。
心地よい疲れが、深い睡眠につながったり、美味しくご飯が食べられるようになったり。

ものぐさでズボラな主婦の私ですが、不倫問題でどん底に落ち込んでからは、
「身体」にいいことを意識することが増えました。

子育て中で仕事もあり、大きなことはできていないのですが、それでも

○自分のためだけに、丁寧にお茶を入れる
○一人で素敵なカフェでランチをしてみる
○定期的に整体でマッサージしてもらう

そんな積み重ねは、確実に心の栄養につながっていると確信しています。

思えば、ブラック企業で忙しかった頃の私の生活。
一人暮らしだったこともあり、ほとんどご飯を手作りすることもなく。
(もともとものぐさなのです・・・)

出来合いのものを食べたり、お風呂もシャワーでちゃちゃっと済ませたり。
そして会社に行けば長時間労働という肉体的拘束に縛られ。
ろくに運動もせず。

その頃付き合っていた男子は、いわゆるダメンズ・・・・
(遠い目)

そんな日々の原因を探ると

◎忙しい環境だから不摂生になり、精神的にも自暴自棄になった

と考えていたのですが、

もしや!

不摂生な生活だから精神的に自暴自棄⇒嫌な環境から抜け出す気力もわかない

だったのかもしれないと思うこの頃。

生死をさまようような経験をした人は皆言いますよね。
「一番大事なものは、健康だと分かった」と。

食道がんで50歳で亡くなった私の叔父も闘病中によく言ってました。
若い頃はさんざん酒だ女だと金を尽くし、遊びつくした自由人だったんですけどね。

病や事故を経験した方は、きっと言われなくても身体を大切にしていくのでしょう。

私がここで提言したいのは、今現在、そうではない人。
つまり、そこそこ健康で身体に悪いところもない人。私のように。

そういう人ほど、身体のケアがおろそかになりがち。
お金や心の問題にばかり目がいきがちかもしれない。

そういう方にとって、楽しく身体と向き合うきっかけは・・・・

自分の欲求と向き合うこと

ではないかと私は考えています。

身体の自立とは、つきつめれば自分の三大欲求に丁寧に向き合って、満たしていくこと。
三大欲求とは食欲・睡眠欲・性欲、です。

他人に幸せにしてもらうのを待っている依存状態では、いつまでも真の幸せはやってきません。
自分の幸せはいつも「自分」次第。そう思えれば、他人に振り回されることも、不安にとらわれることも激減します。

そのためにも、自分のうちなる「欲求」に向き合い、丁寧に満たしていくアプローチは大切です。

私自身が自分の欲と向き合った経験や、その時の落とし穴なども、ご紹介させていただきます!



5mail

スポンサーリンク
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1