不倫は誰の問題?人間関係を解決する、課題の分離=タフラブとは

人間関係に悩んだとき、私が「最も」役に立つと思っている考え方
「課題の分離」
についてのテーマです。

スポンサーリンク


大変ありがたいことに、最近お問い合わせやメッセージをいただくことが増えてきました。
温かいお言葉の数々に、PCの前で小躍りするとともに(怪)
何か少しでも、お役に立てる言葉をお届けしたいと襟を正す思いです。

さて、そんな読者様との交流から思うこと。
アドラー心理学の祖、アルフレッド・アドラーも言いました。
「すべての悩みは人間関係によるものだ」

であるならば、人間関係がうまくいけば人生はどんなに開けていくことでしょう。

とはいえ、数学の公式のように明確な答えはもちろん、ない。

けれど私の経験で、「一つ」役に立ったキーワードを挙げるなら、
迷わずそれは

課題の分離

という、アドラー心理学の考え方だと思っています。

(このテーマでも記事を書いています)
子どもの精神力を鍛えるために、親が意識したい「課題の分離」
アドラー心理学:課題の分離・横の関係・見守り・勇気づけ。子育てにどう生かす?私の事例

私はこの考え方を知ってから7年が過ぎました。
今では自分の中の一部になっており、ふとしたときに
「これは誰の問題かな?」と考えるくせがついてるほどで、
人さまにもぜひおすすめしたいキーワードだと思っているのですが、

よく
「課題の分離??なにそれ?むずかしーー」
とか
「相手の問題です、なんて冷たすぎる対応。かわいそう
などと反応をいただくこともあるので、
それに対しての解説や、課題の分離の「コツ」をご紹介いたします。

スポンサーリンク
広告1

課題を分離することは「愛」である

課題の分離を一言でいうと、
「何か問題が起きたときに、それは『誰』の問題で、
その問題の責任(結果)を負うのは『誰』なのか」をはっきりさせること。」

子どもが宿題をしないのは『誰』の問題?
上司がイライラしているのは『誰』の問題?
夫が浮気をするのは『誰』の問題?

そして、
『誰』=自分以外
だった場合には、むやみにその問題に介入してはいけない
そこをしっかり「線引き」しましょう!
ということ。

私の経験から例を挙げます。

夫が不倫(浮気)していることが分かった時。 表面的には夫を責め、怒る、
その一方で妻(私)は内心
「私が悪いからこんなことになってしまったんだ・・・・・」
自分自身のことも責めてしまう。

客観的にみると
いやいや、妻は関係ないっしょ!悪くないでしょ!
と思われるかもしれませんが、
上記のように自分を責め続ける妻はとても多いのです。

私だけでなく、 (不倫・浮気問題の)お悩み相談を受けていた時、同じように悩む女性が多くてびっくりしました。
(私から見たら、主婦として・母親として・女性として、とーーーっても素敵な方たちなのに、自分を責めるなんて・・・。)

当時の自分に声をかけられるなら、伝えたい。

「不倫をするという選択をして、その結果を引き受けるのは『夫』の問題です。
その夫と『今後どう関わっていくのか』を選択し、その結果を 引き受けるのは『妻』である私の問題です。」

ここを混同してしまうと、問題も複雑になり、
ストレスも増え、ますます解決からは遠ざかってしまう・・・。

もちろん、不倫など夫婦の問題に限ったことではありません。

職場の人間関係にストレスを感じる会社員、
子どもの問題行動に悩む親、
親からの干渉に悩み子ども etc

関係が近ければ近いほど
「誰の問題なのか」
を切り分けるのは難しくなります。

けれど、難しいからこそ大切なのです。

最近多い、家庭内で起きる悲劇的な事件。
身近な関係こそ、問題がこじれたときには取り返しのつかないことになりやすい。
そんな危機感を感じます。

さて、問題を「切り分ける」としたときに、優しい人ほど感じてしまうのが
罪悪感。

「相手の問題だ、と突き放すのは無責任だ。冷たい行動だ」のように・・・

そんな方には、課題の分離に替わるキーワードを知っていただきたい。

それは

タフラブ

という言葉。

私が課題の分離を知ったのは、アドラー心理学が有名になる前。
他書物で知ったのでした。
心理士の信田さよ子さんによる、この本。

(↓画像クリックでAmazonへ)

序章にはこう書かれています。

苦しい現実を「耐える」のにもエネルギーがいるが、日本では「耐えない」ことにもエネルギーがいる。

「これ以上、あなたの面倒はみたくありません」そう声に出すだけでも大変な勇気がいる。
日本の家族や社会は、離婚や親子の分離などの「切断」を激しく忌避する傾向にある。
そうした中で、ある種の切断を意味する「タフラブ」を実行するには、外科手術にも似た大きなエネルギーがいる。周囲から非難を浴びせられる可能性も高いだろう。

タフラブは、その大変さ、そして「あえてその大変なことをやるのだ」という覚悟をも含んだことばなのだ

そう、日本の社会はことに
「相手のために」を美徳としてきた文化。

親のため、夫のため、子どものため・・・
誰かのために滅私奉公するのが美しいとされてきた。

明治の「おしん」ほどじゃないにせよ、現代を生きる私にもそんな日本人DNAを感じることは日々ある。

が、本書の帯にはタフラブ=
「愛の革命」
と書かれています。

×包み込む愛、尽くす愛、耐える愛、
×「救ってあげる」「私しかいない」「かわいそう」

(タフラブではこう考える)
◎手放す愛、切り分ける愛、断念する愛
◎「見守ってあげる」「それは私の問題ではなく、あなたの問題」「これ以上、面倒はみたくありません」

大事なのは、問題を切り離すことは突き放すことでも見捨てることでもなく
「愛」
あるからこその選択だということ。

愛があるからこそ、問題を切り離すのが最善なのだということ。

詳しい内容は次回にご紹介しますが、私はこの「タフラブ」に出会えて本当に良かったと思っています。

先に例に挙げた、我が夫の不倫問題。

あの時に
「私が妻として至らないからだ」と自分の問題にすり替えていたり、
逆に、夫に不倫をやめさせようと彼の問題に介入ばかりしていたら、今の平穏な生活は絶対になかったと断言できます。

ある時を境に
「私は私のできることだけにエネルギーを注ごう」と決め、
私のできること=私がどういう暮らし、生き方をするかの選択をすることに集中し、
離婚も決意しました。

その頃から、ようやく夫が自分自身の問題に向き合い始めるようになりました。
(結果的に離婚せず今に至っています)

おこがましいかもしれませんが、私が「タフラブ」を選択したことは、夫にとっても最善の道だったと私は信じています。
(本人はまったくそう思ってないだろうけどw)

☆今日のまとめ2ポイント☆

人間関係の悩みに最有効な「課題の分離」について

①課題の分離とは
「その問題が『誰の』問題なのかを明確に線引きすること」

②課題の分離とは
「愛があるからこそ、選択するべき考え方。タフラブともいう。」

タフラブについて、次の記事で詳しくご紹介します!



5mail

スポンサーリンク
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1

コメント

  1. リスリス より:

    勉強になります。
    いい歳して親との付き合い方で本当に悩んでいます。
    基本的に、長年に渡り「疎遠」なのですが、たまに持つ小さな接点でも悶絶します。
    友人に打ち明けたら、もう結婚した身なのだから嫁いだ家で幸せになれと…
    そういう事なのかもしれないですね。

    けむりさんが不倫を乗り越えたことは、
    本当にすごいことだと思います!
    うちの親なんて70近いのに恨んでますよw
    自分で自分を苦しめる事の無意味さを見ますよ。

    • けむり より:

      リスリスさま

      コメントいただけて嬉しいです!!
      ありがとうございます

      自分でははっきり自覚することもないですが、
      「ああ、私乗り越えたんだなー」としみじみ思えました!
      温かいお言葉、本当に嬉しいです。

      親御さんが同じような思いをされたのでしょうか。
      私は不倫の相談を受ける活動もしているのですが、
      (私より)上の世代の方は特に
      「長い間、こんなに自分を抑えて夫に尽くしてきたのに・・・」
      という思いが強いからこそ、恨みが手放せない方が多いです。
      女性に自由が少なく、我慢を強いられてきた「時代」の
      被害者でもあるのかなと思うと、胸が痛みます。

      それでも、ご友人が言う通り
      リスリスさまはご自分とご家族の幸せに専念されるのがベストで、
      「疎遠」というのはとても賢い選択だと私は思いますー!!