不倫・浮気をされて苦しみ続ける人と立ち直る人。道を分ける一つの選択とは。

前記事で配偶者(パートナー)の浮気や不倫に傷ついても、立ち直ることは必ずできるとお伝えしました。
不倫や浮気を乗り越えて、子育てをするということ。心の傷は必ず回復できます!

「必ず」と言いましたが、ここで重要な条件がひとつだけあるんです。
それは

スポンサーリンク
広告1

自分が立ち直りたい(回復したい)という「意思」を持っていること。

大げさなことでなくていいのです。
少なくとも問題が発覚する前の、何気ない日常を送れるようになりたい。
そんなささいなことでいいので、そうなりたいという気持ちがある人だけが回復します。

ちなみに私、読売新聞朝刊の「人生案内」を読むのが日課となっていて、
浮気や不倫関連の相談も定期的(月1くらい)に載っているのを目にします。

昨年にあった相談では、確か70代の高齢女性からで
「夫はもう何年も前に亡くなっているが、生前の不貞行為の数々が忘れられず今でも苦しんでいる」
といった内容でした。

私も「不倫・浮気で傷ついた側」の人の相談を実際に何件も受けていますが、中にはかなりの年月苦しみ続けている人もいます。

そこで気づいたこと。
非情な言い方に聞こえるかもしれませんが、あえて本音を言います。

何年も苦しむ人は
「苦しみ続けることを自分で選んでいる」
ことがとても多いです。
立ち直らない、と決めているのです。

「そんなわけないでしょ!私はこんなに辛いのに!!!パートナーさえあんなことをしなければ苦しまずに済んだのに」

もちろんな反論だと思います。
そして不倫発覚から数ヶ月~1・2年であれば、どんな人も苦しむのは当然ですし、苦しんでいい。
私も「夫・不倫・復讐」
なんて検索しまくってました(苦笑)

けれども「パートナーの不倫」という事実は一つ
(※不倫のパターンは多種多様ですが)

でもその事実に対してのとらえ方には二つ。
「その現実をなんとか前向きなものに変えていこう」と考えるか
「絶対に許さない」と頑なになるか。
大雑把に言えばこの2パターンに分かれます。

先の人生相談の女性のように、何年も怒りや苦しみを抱え続ける人も実はたくさんいます。
確かに不倫を「された」側は、ある意味被害者です。
何も予期していないのに不意にカナヅチで頭を叩かれたような、
ほら穴に突き落とされたような
そんなショックに突き落とされる。

その気持ちも十分わかります。私もそうでした。
発覚から1年くらいは怒りや悲しみに襲われて当然です。
(むしろその気持ちにはフタをしないほうがいいです)

けれど何年も時間が経った、とか
パートナーは心から反省している、とか
逆に、何度も同じようなことが繰り返されている、とか

そんな時にはぜひ
「まずは自分は立ち直る!」
と心から決めていただきたいです。
そう決めた人だけが、立ち直ること、回復することができるから。

それはパートナーのためでも、ほかの誰かのためでもなく
「自分のこれからの人生を平穏に生きる」ため。
自分のために、です。

不倫に限らず、何かずっと「許せない怒り・苦しみ」を抱えている人はぜひ振り返ってみていただきたい。

自分がその気持ちを「選択している
かもしれない、ということを。

他の誰でもない、あなた自身の幸せのために。

スポンサーリンク



5mail

スポンサーリンク
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1